JWBAオンライン大会① <動画撮影方法>

JWBAオンライン大会① <動画撮影方法>

JWBA(日本ウェイクボード協会)主催 『2020年度全日本選手権ONLINE大会 / JAPAN ONLINE CHAMPIONSHIP 2020』が開催されるにあたり映像の管理をさせていただくことになりましたので動画の「撮影方法」そして「入稿方法」をご説明させていただきます。

今回のオンライン大会では競技委員・ジャッジング時にOSSや出場選手が確認できるように写真2枚とライディング時間45秒の動画の計「3」つのデータを撮影入稿していただく必要があります。

ここでは「撮影」に関する説明をさせていただきます。

撮影に関する設定や注意事項

・撮影する機材は「スマートフォン」に統一します。

・撮影設定は「1080p 30fsp」に限定しますので、サイズが大きくなる4Kやスローモーション編集しやすい60fspなどの設定の場合は使用不可とします。

・広角レンズなどは使用しないようにお願いします。

・撮影する際には必ず「横向き」で撮影してください。

・グラブのタイミングで手ブレなどがあった場合はジャッジングに差が出てくるかも知れませんのんで、できるだけ手ブレが起きないように撮影を行ってください。

・タワーにスマホを固定する方法ではボートによって見え方が変わってくるので手持ちで撮るようにしてください。

撮影設定

撮影設定は「1080p 30fsp」でお願いします。
広角カメラは使用しないようにしてください。

iPhoneの場合

①ホーム画面より「設定」アプリをタップして開き、カメラをタップします

②フォーマットをタップし「互換性優先」をタップし選択します
 「✔︎」が入ったことを確認できれば「カメラ」をタップし前の画面へ
 戻ります。

③次に「ビデオ撮影」をタップし動画設定をします。
 「1080p HD/30 fps」を選択し完了です。

※ここでは国内シェアが一番多い「iPhone」の説明をさせていただいてますが、
「Android」端末をご利用の方は機種が多い為各自でホームページなどを参照しカメラ設定を行ってください。

ウェイクボードの撮影位置

撮影者はできるだけ後方(安全のため必ずシート上)に座って撮影してください。

ウェイクサーフィンの撮影位置

撮影者はできるだけ後方(安全のため必ずシート上)に座って撮影してください。

・選手に合わせて撮影指定箇所より撮影してください。

トランスファーをする選手の場合はセンターで
撮影してください。

入稿写真の撮影方法

選手の顔を含む全身が写るようにし、①プラカード・②全ギアを持ち、ボードが表と裏の合計で2枚の画像を入稿します。
※写真撮影は動画撮影当日の乗船前、【場所ショップ可】協力店・認定ドライバーが、安全の確認の為、OSSギアチェックを行い撮影する事。

①プラカードには・・・

「撮影日 年/月/日」・「ショップ名」・「選手名」・「曳航艇」・「参加クラス」・「地区」を記載します


②ウェイクボードクラスの場合

「ボード」・「バインディング」・「ライン」・「ハンドル」・「ウェットスーツ」・「ライフジャケット」・「ヘルメット」の全7点を含む全てのギアを確認できるように着用もしくは持っていただきます。

②ウェイクサーフィン・スキム・オーシャンクラスの場合

「ボード」・「ウェットスーツ」・「ライフジャケット」の全3点を含む全てのギアを確認できるように着用もしくは持っていただきます。

動画の撮影画角

・ウェイクボードの撮影画角は下記と同じような画角で撮影してください。

・ウェイクサーフィンの撮影画角は下記と同じような画角で撮影してください。